私事ですが、先日iMacの3回目の宅配をしました。

どれも成功して不具合はありませんが、イマイチ腑に落ちないことがあります。





■この2年で3回の宅配、一応不具合はなし
この2年でiMacの宅配を3回しました。

運送会社に依頼して、どの回も不具合や胡椒などなく使えているので成功しています。

が、何となくすっきりしない不安点が少し残るので、3回分の宅配便について、何を使っていくらだったのかを書いていきます。

■宅配便で使用したマック
imac20inch、デスクトップのマックです。
サイズ感としては大体、縦50✕横50✕奥行20と言う感じ。
 
■使用した運送会社
ヤマト運輸の「パソコン宅急便」を利用しました。

すべてこの条件でマックの輸送をしています。
一見問題ないように思うのですが…。

詳細を見ていくと、少しだけ疑問が残ります。

読んで頂ければ、私の確認ミスというのも往々にしてあるのですが、それにしても、ちょっと「ハテナ」が残るのがお分かり頂けるかと思います。 


imac宅配/1回目
2013年秋、初のパソコン宅配でした。
よく分からないので色々と調べていたら、クロネコヤマトでパソコン宅急便があることを知り、申し込みします。

ヤマトの使用は初めてでしたが、電話でサイズを伝えるとスムーズに進行。
近くの営業所から、自宅まで宅配ボックスを持ってきてくれました。

使用したのは、パソコンボックス-B、箱代1242円。
マウスやコンセント、キーボードは同梱を断られました。
 
iMAc宅配/2回目
前回、マックの宅配便を経験しているために迷わずヤマトの利用。
訳あって、その日に運搬・急いでいたので最寄りの営業所へ持ち込んでの利用でした。マックは重いので、営業所まではマックを素の状態で抱きかかえるようにタクシーで移動。

営業所でサイズを図ってもらい、梱包してもらいました。
使用したのはパソコンBOX-D、箱代1200円。
マウスやコンセント、キーボードは同梱を断られました。
 
 
i-mac宅配/3回目
前回2回とも成功しているため、3回目もヤマトの使用と決めていました。
急ぎではないため、集荷を依頼。ヤマトの宅配便で一番大きそうな「22インチ以下液晶モニタ」と書いてあるボックスFで依頼しました。

しかし、集荷に来てもらうとボックスFでは入らないとの事。
私の確認ミスなので、配達員の方に誤り、マックのサイズを測ってもらい、翌日に適当なモノを持ってくると言ってもらえました。

この時「前回はボックスEだったと思います」といったのですが、翌日に配達員サンガ持ってきたのはボックスD。
で、梱包の様子を見ていると入らない感じでした。「もう無理です」的なことを言われ、「でも2回運んでます」と言っても、探しましたが無理ですの一点張り…。

(この時点では、過去のやまとのボックス代金請求書は引き出しの奥に閉まっていたので、過去のボックスサイズを確認していませんでした。)

「できない」→「いや、サイズがあるはず」
で拉致が開かなくなった為、こちらで考えると伝えて、二回も来てくれた配達員の方には申し訳ないのですがそのまま帰っていただきました。人柄は良い方だったしケンカ越しでは全くありません。お互い困ってしまったという感じです。

ここで、私は不審に思い過去のヤマトの伝票を探し出しました。
上記のサイズを発見します。

一度目の宅配ではボックスFを利用。
二度目の宅配ではボックスDを利用。
でも今回は、ボックスDで入らないらしい。

…?

ヤマトのコールセンターには時間を開けて2度電話しました。しかし、どちらの方も「マックのサイズは分からない、サイズを図って合うのを探してもらうしかない。PCの携帯によっては入らないこともある」という回答で一致。まぁ、「絶対」とは言えないだろうから仕方ないと思うが、ボックスサイズの解決はせず。

ヤマトのパソコン宅配の公式ページのサイズをみると、明らかに「パソコン宅急便
BOX E」の範囲だと思うのですが、、、

機能PCのサイズを図った配達員の方は、なぜEを持ってこなかったのか…
(初回に私がボックスサイズを間違えたのも問題ですが…)

しかし、やはりこの時も、送らないといけなかったので、車で近くの配送センターまで持ち込みました。2回も送れているのに、送れないはずはないだろう…との思いからです。
 
すると、まだ経験の浅そうな受付のパートのおばさんが忙しそうにマックのサイズを測り、先輩に聞きながらダンボールを用意してくれました。

用意されたダンボールは、ボックスE。

…。
やっぱりボックスEだよな、と思いつつ。

新人ぽいパートのおばさんだったので不安でしたが、マックの持ち方も危なっかしくて不安でしたが…。運良く、そこへ宅配所のセンター長が通りかかります。そこへすかさずパートのおばさんが「センター長、コレでよいですか?」と質問してOKをもらっていたので一安心。あとはそのまま梱包してもらいました。

使用したダンボールは、ボックスE
マウスやコンセント、キーボードは普通に同梱OKだったし入れるスペースも十分にありました。

プチプチなどでしっかり包んで持って行っていたので同梱をお願いして終了、無事にimacの宅配ができました。


imac宅配のサイズがすべて違う…。
一度目のimac宅配→ボックスFを利用(2013年11月)
二度目のimac宅配→ボックスDを利用(2014年3月)
三度目のimac宅配→ボックスEを利用(2016年1月)

見事に3回とも違います。
さらに、三回目のみ、マウスなどの付属品同梱OKとなっています。

参考にしたヤマトの過去のPC宅配のパソコンボックスの領収証は機械打ち、記入ミスということも考えにくいです。

ちょっと不安…。

料金やサイズの規約変更があった可能性も…?
気になるのは3回目で集荷に来てくれたお兄さんが「去年ボックスサイズの変更があった」と言っていた点です。

そうなのかもしれません。
が、真相は分かりません。

とりあえず、2016年1月の時点ではimac21インチのヤマトパソコン宅急便はボックスEで送れました。公式HPでは「50×50×24」のサイズの箱です。

21インチであればヤマトのPC宅配便を使えますが、27インチの人はなかなかありません。ついでに27インチの場合も調べてみましたが、自前で梱包するより仕方がないようです。27インチを購入するときは、あのキレイな箱を取っておく用がよさそうです。あれしか、入るサイズのダンボールさえないっぽいので。
 
大切な機械なので、なかなか神経を使う宅配でした。
 カテゴリ
 タグ