篤姫の○○○初体験を紹介します。

薩摩藩藩主・島津斉彬の養女であり、徳川の女として名の知られる篤姫。

大河ドラマの主役になったりと、最近注目されている姫ですが、気になる○○○とは…
スポンサーリンク





篤姫の「○○○初体験」はアメリカから来たアレだった…!


篤姫は、島津斉彬の養女。
島津斉彬は、西郷隆盛を生んだ薩摩藩の藩主さんです。

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」では、篤姫訳を北川景子さんが演じられています。

3月2日のあさイチ「プレミアムトーク」のゲストは、篤姫役の北川景子さんでしね!

美しき名女優たちの演じる篤姫


篤姫は、波乱万丈なドラマのある時代に生まれたため、時代劇やドラマに出演することもあるお姫さまです。

徳川家の女と呼ばれるだけあって、篤姫の配役は、毎回人気の美しい女優さんたち。

・2018年大河ドラマ「西郷どん」では、北川景子さん
・大河ドラマ「篤姫」では、宮崎あおいさん
・時代劇映画「大奥」では、菅野美穂さん

その時その時で旬な女優さん達が起用されています。

篤姫の○○○初体験


そんな篤姫ですが…

実は、日本で初めてミシンを使った人とされています。

1854年のペリー再来航の際にアメリカ生まれの「SEWING MACHINE」を13代将軍の徳川家定に持ってきたとか。

当時の発音は「シウイング マシネ」。
このマシネが後に「ミシン」と呼ばれるようになったとか。

当時のミシンはアメリカでも流行最先端!
そのアイテムを、ときの権力者である13代将軍の奥様(篤姫)にプレゼント、というわけです。

※この時、篤姫は既に出家していたので「天彰院敬子」となっています。

篤姫が使ったとされるミシンは、2008年12月に東京ビッグサイトで開催された「東京ファッション産業機器展」で展示されていました。

ウィラー&ウィルソン社のミシンで、キャビネットと装飾つきのアンティークとしても使えそうな美しいものでしたよ。


宮崎あおいさんの「篤姫」にも登場していたミシン!


日本で初めてミシンを使ったのは、篤姫…。

そんなエピソードにちなんで、2008年NHK大河ドラマ「篤姫」でもミシンが使われています(「篤姫」第32回の桜田門外の変)。

ドラマで使われたミシンは、篤姫が使ったそのものではなく、同じ形とされるミシン。

宮崎あおいさん演じた「篤姫」では、ジョン万次郎が米国から持ち帰り、篤姫が良い直弼の袱紗(ふくさ)をミシンで縫う…という形で登場していました。

ということで、篤姫の○○○初体験はミシン!
「西郷どん」でもミシンが出てくるのか、楽しみですね。

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ