スポンサードリンク
梅雨時のじめじめする季節になると、気分がすぐれない…。

実はそういう人はけっこう多いです。原因や対策も明らかになっているので、分かりやすくまとめていきます。





梅雨時特有の気だるさ


梅雨の時期になると梅雨時期特有の体調不良により、食事の管理に気をつけるとよいです。

といっても、いくつかポイントがあるので、まとめました。健康を保って、怠い感じを吹き飛ばせるよう、少しだけ注意して食事を取ると良いですよ。

スクリーンショット 2016-04-06 12.00.43.png


胃や腸を大切に、食べ過ぎに注意!


梅雨の時期は胃腸の動きが悪くなってしまいがちなので、暴飲暴食は絶対してはいけません。胃腸に負担をかけないように食事するようにしましょう。

梅雨時にだるくなるひと、気だるい感じになる人は、食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまいます。食べ物を消化するエネルギーというのは、案外カラダに負担がかかっているんですよ。
 

よく噛んで食べるべし


食事の量をいつもより少し減らしたり、よく噛んで食べることも効果があります。

一口30回噛むとよいですよね。
ゆっくり味わって食べれば、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐこともできますよ。
 

水を飲み過ぎないこと


これは意外かもしれないですね。
梅雨時にだるくなる人、だるさを感じる人は水分を摂り過ぎているという場合もあります。

というのも、梅雨の時期は体に水分が溜まりやすくなる時期なんです。1日に取る水分は約1リットル〜1.5リットルくらいがベストです。
 
水分を溜めすぎると頭痛や吐き気などの症状がでてしまうので、元から水分を溜めてしまいがちな人は利尿作用のある大豆などの豆類を摂ってみるのもよいかもしれません。


冷たい飲み物でカラダを冷やさないように


また、冷たい飲み物も体が冷えてしまうのでよくありません。新陣代謝が悪くなってしまい、下痢や腹痛、むくみなどが出てきてしまいます。

体温は36.7分位が理想です。
この温度が、一番カラダの免疫力が盛んになって、胃や腸も活発に働くからです。

利尿作用のある食材を取りすぎると、体を冷やしてしまう食材なので、注意が必要です。利尿作用の食材を使う時には一緒に体が温まる食材の料理も作った方が良いでしょう。

カラダを温める食材と冷やす食材
温まる食材とは、しょうがやにんにく、ネギやニラなどです。
反対に、体に熱が溜まってしまいがちな方には、きゅうりや大根、トマトなどが良いと思います。

  

逆に、食欲がない人はこれを食べるのもあり!


梅雨時に食べ過ぎるひとは食事量を抑える方が良いです。
しかし、逆にだるさから食欲がなくなってしまう人もいます。

梅雨時期特有の体調不良により、食欲がなくなってしまった時にはは、食欲増進としてしそやらっきょう、山椒がオススメです。
 

まとめ:梅雨どきのだるい感じを乗り切るために


梅雨時期は体調が悪くなってしまいがちなので、食事から改善していくことで、予防してけると良いですね。

できることから試して、スッキリ元気に過ごしていきましょう。
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ