名古屋で気軽に楽しめる花フラワースポット/デートにも最適

今日は、おトクにフラワーガーデンを楽しめる名古屋市港区の、「ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」を紹介します。

名古屋港の海を背景に、美しい花々を気軽に楽しめるスポットとして人気があります。





  

楽しみ方色々!22個のガーデンと夜景スポット


ワイルドフラワーガーデンは、2002年4月に中部電力創立50周年事業として、新名古屋火力発電所の緑地の一部に出来た施設です。

大人でも入園料は300円。
気軽な値段で、イギリスのトップガーデンデザイナーが創る、伝統的で色鮮やかなイングリッシュガーデンやアメリカ環境デザインの第一人者のデザインのテキサスの庭などを楽しむことが出来ます。

スクリーンショット 2016-03-28 11.42.17.png
http://www.wfg-bluebonnet.com/index.php

ブルーボネットには、22のガーデンがあります。それぞれに特徴を持ち、四季を感じることができる「自然風庭園」です。

花の谷、シーサイドプロムナード、ジャパニーズスモールワールド、ハーブガーデンと名付けられたお庭が、それぞれのテーマに分かれて美しく整えられています。

どれも、花好きには嬉しい光景が広がります。

広さは全体で約5万u。
有料の観賞庭園は約2万2千u。およそ名古屋ドーム1個半くらいの広さです。
 
歩くだけなら約1時間程度で園内を一周できますが、ゆっくりレストランなどを楽しみながらのデートスポットとしても有名です。夜には、素敵な夜景スポットにもなりますよ。
 
 
ワイルドフラワーとは?
ワイルドフラワーは人が世話をしなくても生育していける植物です。
園芸用の草花のなかで、種で簡単に育ち、栄養の少ない土地でも美しい花をさかせてくれる花のことをいいます。
 
ワイルドフラワー、日本語に訳すと「野生の花」ですよね。まさに、野生の力をたくさん持った、生命力のある花なんです。
 
人が多くの手を入れなくても、そのままで、野草の草花が美しく割いてくれる花たちなんですね。


 

まだまだあり、ワイルドフラワーガーデンの見どころ



お花畑のウエディングも
ブルーボネットではウェディングも出来ます。

花いっぱいのガーデンにあるガゼボでの人前式挙式。古くから欧米では、ガゼボの中で結ばれた二人は生涯住む家に困らないという言い伝えがあります。そのガゼボの中で、素敵な結婚式を挙げられます。

ランドマークのサニーハウスで、光に包まれて永遠の愛を誓い、シーサイドで花に囲まれたカリヨンの鐘を鳴らし幸せを願います。

ウッドステージでの挙式も素敵。

スクリーンショット 2016-03-28 11.19.40.png
http://www.wfg-bluebonnet.com/wedding/index.php

この他、ワイルドフラワーでは色々なイベントやレストランもあります。

ガーデンコンサートでは、美しい花に囲まれて音楽を楽しむことが出来ます。この他、ガーデニングや押し花、アクセサリー、アロマのお講座なども開催されています。


ブルーボネットの会で、花好き仲間と交流も!


ブルーボネットには「ブルーボネットの会」なる「友の会」があります。年会費1,000円で、入会より1年間有効パスポートがもらるというもの。

会員限定のイベントにも参加できます。
お花畑を見に行くバスズアー、ブルーボネットから見る名古屋港花火や船上パーティー、会員の交流の場となるイベント等々…。

これまで開催されたイベント例
・秋の京都めぐり
・初夏の近畿庭園めぐり
・宝塚こだわりガーデンめぐりの旅
・湖国滋賀の名園鑑賞ツアー


毎回、オリジナルのテーマがあって面白いですよね。

花好きの友だちもできそうです。花や緑、ガーデニングが好きな人は要チェックのサービスです。今の時期だと、母の日のプレゼントにもよさそうですよね。


ブルーボネット
◎入園料:おとな300円、小中生150円、65歳以上200円
◎休園日:毎週月曜日、12月26日から2月末までの冬の期間
◎名古屋市港区潮見町42番地

 
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ