2016年のゴールデンウイーク期間中に重ねて行われる、刀剣乱舞の刀展示。

内容や詳細についてまとめていきます。





展示刀と内容・日程


徳川美術館で展示される内容は、かなり豪華なこの4つです。
国宝や重要文化財、徳川家康のあの刀も展示されます。
 
展示される刀
・鯰尾藤四郎(脇差 銘 吉光 名物 鯰尾藤四郎)
・後藤藤四郎(短刀 銘 吉光 名物 後藤藤四郎)
・物吉貞宗(脇差 無銘 貞宗 名物 物吉貞宗)
・本作長義(刀 銘 本作長義)


日程など
日 程:2016年4月19日(火)~5月17日(日)
観覧料:未定
 
 

事前アンケートでの刀人気ランキング


徳川美術館では、公式ツイッターによるRP活動もさかんです。

今回の展示前にも、どれを公開するのかと公式ツイッターでアンケートが行われました。その時のリツイート数による人気ランキングはこうなっています。

1位/鯰尾藤四郎
リツイート数3510。
昨年2月10日にも公開されていましたが、堂々の第一位を飾りました。
徳川美術館の顔ともいえるTV出演の経験もある珍しい刀です。

2位/物吉貞宗
リツイート数3326。
藤四郎吉光の刀、国宝というだけあります。
 
3位/本作長義
応援リツイート数3183。
本作長義以外の有名度が高いにもかかわらずのこの数です。山姥切国広の本歌として大人気です。ただ、尾張家蔵帳には本刀だという明確な文章はないみたいですね。

ブービー賞/物吉貞宗
リツイート数2950。
今回再開だった理由としては、アンケート期間中に同刀の展示があったことも考えられます。尾張徳川家第一の刀ということで、愛知県に住んでいる美術館好きなら、割と良く目にする文字でもあります。※筆者、愛知県民です。

…と書いたのですが、実際は3000リツイート前後とそんなに大きな違いはないですよね。
4位が2900で1位が3500。
 
 

注意事項


昨年2015年12月にとうらぶの展示が行われた時に、最終日に近い土日は数時間待ちの大混雑となっています。

絶対に行く!と決めている人は、会期後半ではなく早めの前半に行く方が落ち着いてゆっくり楽しめます。

また、4月19日から5月17日までの同時期に山姥切も展示されます。
7月14日から9月11日までは、夏季特別展として「信長・秀吉・家康ーそれぞれの天下取りー」も開催されます。

愛知の徳川美術館は、なにかと企画してくれますね。
やはり、それだけとうらぶの人気が高いということに違いありません。

徳川美術館
・名古屋市東区徳川町1017
・052-935-6262

 
次の記事では、徳川美術館を訪れた時に使える一言観光スポットを紹介します。

>>徳川美術館周辺の観光スポット/地元女子による紹介
  
>>名古屋観光ファッション系ならこの3択!地元女子がサクッと紹介

写真とかあまりつかわずにサクッと紹介していますが、名古屋の地元民なので愛知に上陸したことの無い方には参考になると思います。
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ