奈良は薬師寺、世界遺産に登録されているお寺で開催される「噂の刀展」。

タイトルからして気になりますが、詳細や見どころ、気になる大倶利伽羅の展示予定についてまとめていきます。





展示される刀や内容・日程


予定されている刀などの展示はこのようになっています。

梵字、不動明王、大倶利伽羅、剣巻竜(不動明王の化身)、仏具等
http://www.nihontou.or.jp/yakushiji1.html


明らかに、刀剣乱舞や戦国バサラBASARA系のラインナップですね。

スクリーンショット 2016-03-02 9.29.17.png
http://www.nara-yakushiji.com/data/katana-yakushiji.pdf
 
チラシが色んな意味でヤバすぎて、展示内容の高度さ加減を思い知らされます。

今回は過去に一度、「小夜左文字」を一日のみの超期間限定公開した団体が決定ケインを持つ企画。小夜左文字と同じ株式会社ブレストシーブによって管理されている刀になるので、前回のように一日限りともなりかねません。
 
大倶利伽羅廣光が展示されるかもしれないので、かなり注目度大ですよね。

しかし、童子切安綱の展示もそろそろ終わる頃。
次なる聖地巡礼の人気どころトップとなりそうな予感しかしません。

仏教と刀・噂の刀展
・場 所:薬師寺
・日 程:2016年3月1日(火)~5月8日(日)
・観覧料:一般1600円/中高生1200円/小学生300円






大倶利伽羅はいつ展示予定なの?


薬師寺での展示で一番気になるのは、大倶利伽羅の展示期間だと思います。

梵字、不動明王、大倶利伽羅、剣巻竜(不動明王の化身)、仏具など。
(刀剣乱舞などで注目されている大倶利伽羅廣光も期間限定で展示することを検討中)http://www.nihontou.or.jp/yakushiji1.html


公式サイトではこのように名言されていますが、それでも気になるので色々と調べていたら、こんな情報を見つけました。




要するにこういうことですね。

・展示されるなら、最長で二日間
・さらに、午後からの2-3時間だけ
・日時は未定
・薬師寺への問い合わせ不可

※2016年3月1日の10地17分時点での情報です。


気になりすぎて薬師寺に電話したくなる人もいると思いますが、それはやめておく方が良さそうです。というのも、とうらぶファンのマナーが悪ければ、大倶利伽羅の展示すら危ぶまれてしまうかもしれないからです。

こんな期間限定で展示されるということは、やはり余程貴重な刀ということです。
マナーの悪さに、寺や団体が辟易して「これは危ない」となった際には、展示を見合わせるということにもなりかねません。


メモについて
公式のツイッターによれば、空いている時ならメモは禁止していないが、混んでいる時には遠慮してもらうこともあるとのことです。

どんな風に展示されるの?


展示形式はまだ未定ですが、同じような流れで小夜左文字の限定展示された時には、こんなふうでした。
 
一日だけ中鉢美術館にて紹介された小夜左文字の展示状況
 
・整理券制度(当初予定は50人限定)
・16時から公開
・50人ずつ入り、20分ほどで交代
・当初予定は50人限定の整理券は、最終的には200番台まで発行
・刀の持ち主自身が手にとってお披露目


かなりの厳重耐性ですよね。

ただ、遠くから頑張って始発やら飛行機やらで来る人もいるはずなので、整理券の枚数を増やしてくれたのはかなり嬉しいポイントです。


展示を見逃さないようにするには…?


ここが一番のポイントです!

しかし、こればかりは財団からの発表を待つしかありません。

当サイトでも新情報への更新はしていきますが、毎日公式HPやツイッターをチェックするのが一番の近道と思われます。

ということで、大倶利伽羅を見たい人は5月8日までは変更できる予定しか入れないののがベストです。

ただし、平日か休日かによっても全然違ってきますよね…。

…難しいですが…。


その他の展示については、下記ページで紹介しています。
>>刀剣乱舞・刀展示《2016随時更新》一覧まとめました!/聖地巡礼
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ