スポンサードリンク
ホワイトデーのお返しに花を贈ろうと考えている人もいると思います。

しかし、多くの女性が喜ぶ花の贈り物も、少し間違うと大変なことになってしまう可能性があります。





ホワイトデーに花を贈る時に注意したいこと


多くの女性は、ホワイトデーに花を贈ると喜んでくれます。よほど男勝りで有名な女性なら、内心は喜んでいても恥ずかしいこともあるかもしれませんが、たいていの女性に喜ばれるお返しがお花です。

でも、花には厄介な「花言葉」なんてのもあります。
最近は気にしない人も多いですが、やはり気になる人も多いです。

ということで、オススメの花とその花言葉、逆に、避けておきたい花と花言葉を紹介していきます。

IMG_2636.jpg

オススメの花と花言葉


花言葉は、同じ花でも色によって意味が違ってきます。
そのため、注意が必要な花は色と合わせて紹介していきますね。

白いバラ「新たな恋」
付き合い始めて間もないころか、再出発でこれからもよろしくね、という時にオススメです。

真っ赤なバラ「永遠の愛」
バラの花の贈り物は憧れている女性も多いです。
真っ赤なバラをあげるのは、本命女性だけにするほうが良さそうです。

パンジー「私を思ってください」
一途な気持ちが伝わる花です。

ストック「永遠の恋・真面目」
ストックは「求愛の花」とも呼ばれます。
恋人に贈るにはぴったりの花ですね。
 
カスミソウ「清らかな心」「純潔」
メインの花の引き立て役として人気のカスミソウ。
花言葉も、ホワイトデーにぴったりです。

010.jpg

ガーベラ「希望」「美」
かわいい花として人気のガーベラは、花言葉も明るくて良いです。

避けておきたい花と花言葉


こんどは、逆に避けたい花言葉です。

白いチューリップ「失恋」
好意を持っている相手には送らない方が良いです。

黄色いカーネーション「軽蔑」
これも避けるほうが無難です。
また、カーネーションは「母の日」のイメージが強いです。
そのため、ホワイトデーのお返しには避けておくほうが無難です。


好きな花がある場合はそれでOK


彼女の好みをよく知っていて、好きな花があることも知っている場合は、その花を渡すのもありですよ。

ホワイトデーのお返しとして花を送る際には、花屋さんでキレイに包んでもらってくださいね!

くれぐれも、花だけでラッピングなしで渡さないようにしてください。

面倒かもしれませんが、かわいく丁寧に包まれていてこその喜ばれる花束なんですよ。


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます


■木ホワイトデー500円以下の喜ばれるお菓子8選/義理チョコのお礼に
■意外!ホワイトデーでやってはいけないNG集
■データで分かる!ホワイトデーのお返し予算・金額、みんなどうしてる?
■ホワイトデーにたい焼きやどら焼きはどうなの?
■非リアに朗報!?ホワイトデーならぬブラックデー
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ