μ's解散が騒がれる中で、ぽっちゃり体型のμ’sコスプレイヤー「デブライブ」も、新時代のライバーとして話題になっています。





デブライブとは?
スクールアイドルで人気のアニメ「ラブライブ!」に出てくる「μ’s(ミューズ)」というアイドルグループがあります。

スクリーンショット 2015-12-05 13.16.03.png
http://www.lovelive-anime.jp/otonokizaka/

このアニメの中で活躍しているのが、「μ’s(ミューズ)」。
9人の女の子


デブライブがズムサタで特集!
この「μ’s(ミューズ)」のコスプレを楽しむポッチャリ系女子「デブライブ」が、12月5日のズムサタでも取り上げられていました。
 
コミケ時代からでっている人は「地上波にも登場した!」と驚いた人も多いかと思います。



デブライブで活躍しているましろちゃんが面接に行ったのはここなのでしょうか?

「ムチぽちゃメイドカフェ&バー Shangrila」
東京都千代田区にあるムチぽちゃ専門店が2016年1月のオープンするみたいです。
気になる人は行ってみるのも良いかもしれません。


むちフェスにも参加
2015年11月29日に東京台東区にてむちフェスというのは、ぽっちゃり系が集まる「むちフェス」というものがあります。

スクリーンショット 2015-12-05 13.25.45.png

デブライブもこのむちフェスに参加。
ズムサタで取り上げられたのは、この「むちフェス」終了後ですが、デブライブたちのフェスはもちろん大好評でした。


自称「どすこい系巨漢レイヤー」
デブライブ発起人は自称「どすこい系巨漢レイヤー」の「せつなあやめ」さん。
自称なのに、すごい名前つけています。

2015年8月のコミケに登場して話題になりました。
当初は、ラブライブファンから叩かれ覚悟でコスプレを始めたようです。

しかし、予想外の高反応。
さすが思いが決まっているだけ合って、キモが座っています。

「飛んでみて貰ってもいいですか?」とリクエストされると、「地響きするケド…いいかな?」と応える場面やりとりも話題になりました。

しかし、その予想に反して「コスプレはこうあるべき!」「元気でた!」という評価が大きかったという結果に。


ボトムライン:デブライブの勇気に乾杯!
コスプレは本来、アニメが好きで好きで仕方ない人が、リアルで同じ格好をして楽しむというもの。
しかし、いつからかそのビジュアルだけが取り出されているように感じます。

男性目線の「セクシー」や女性目線の「かわいい」など、ビジュアルばかりが優先される昨今。

どちらが良い・悪いではありませんが、コスプレイヤーたちが楽しんだり、大好きなアニメの世界に浸りきる「完全な自己満足の世界」を認めてこそ、真のコスプレなのかもしれません。

純粋に人目を気にせず「好きなことを楽しむ」という彼女たち「デブライブ」の活動には筆者自身も元気をもらいました。

奇しくも、μ's解散が騒がれる中でのデブライブ特集。
タイミングまで「わが道を行く」デブライブに、これからもどんどん活躍して欲しいと願ってやみません。


この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

■《ZIPやあさチャンでも特集!》スウェーデンのイケメン庭師が話題!
■ジェンダーレス男子があさチャンで特集!特徴と実態に迫る。(彼らは「フェミ男」なのか。
■かわいい男子が巷で話題!かわいい仕草ランキングとジェンダーレス男子!
■化女沼レジャーランドの意外な一面!あの人気アニメの舞台や美鳥が舞い降りる地でもあった…!

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ