最近少しずつ有名になってきたこの言葉。

これまでは、ヘビやハチの毒、食べ物にあたった時に使われましたが、最近ではカラダに異物を入れる整形でも…との話が出ています。




 
アナフィラキシーショックって何?
アナフィラキシーショック(anaphylaxy shockとは、強い抗体反応によって起きるショック症状のことをいいます。

簡単にいうと、カラダの中に異物が入った時に排除しようとするアレルギー反応のこと。

失神や呼吸困難皮膚のかゆみや血管の虚脱といった症状があり、強い反応だと、生死に関することもある反応です。

スクリーンショット 2015-12-03 7.24.58.png

DHCの広告をされる叶美香さん。

スクリーンショット 2015-12-03 7.30.02.png

整形して中村うさぎさんや辻希美さん、叶美香などもネットではその疑いをかけられていますが、真偽のほどは定かではありません。ハチやヘビ、青魚などの食べ物によっても引き起こされます。

スクリーンショット 2015-12-03 7.28.45.png
整形後の中村うさぎさん。

叶美香さんの入院も、命にも関係するような重いアレルギー症状があったといいます。叶美香さんの退院は12月10日頃だと言われていますが、無事だといいですね。






体に異物を入れるということ
ここで整形云々について言うつもりはありません。
しかし、元々のカラダに異物を入れるということは負担がかかるのは当然のこと。

それに、現代人はその不自然な生活パターンや食べ物から、多くのアレルギーを持っていることが多いです。
整形だけが理由ではなく、何かと何かが結びついてアレルギー反応が起こすということは十分に考えられます。

 
整形や豊胸だけが遺物ではない!
整形などをしなくても、銀歯や毒性の強い食品添加物なども同様。
刺激の強い薬なども、とうぜん当てはまります。

食品添加物というのは、少量では害がないとされていても、花粉のように一定量以上になるとアレルギーなどの症状が出ることもあります。

不自然に長く持つ食べ物は便利ですが、そのような行為には少しの危険は必ずついてくるもの、とも言えるかもしれません。

自然界にないものを食たりカラダに入れるということは、どれだけ文明が発達して便利になったとしても、体には負担がかかるということですよね。

健康に生きれるよう、毎日食べるものもできるだけ添加物なしで気をつけていきたいですね。



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

■三宅健の老けない理由・美肌の理由はコレかも…
■ZIPでも紹介!スウェーデンのイケメン庭師が話題
■《今年最後》オートバックス社長宅イルミネーションがすごい!
■変なホテルのココが気になる13連発!
■シンクイルミネーション20台やってみた動画《見比べ》
■嵐旅館が2016年も開館!一般旅館で嵐がもてなすゲストは誰?
■嵐の年賀状くださいCM!制作秘話には意外な苦労も…!くねくねダンスとともに…
■「ががばば」だけじゃない!ヤフー検索も意外と遊べるんです《事例紹介》
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ