男性も肌ケアをする時代になってきています。

良肌研究室という新ブランドが出ているのでチェックしていきます。





男性のスキンケアはもはや常識!?


巷では、かわいい男子や「ジェンダーレス男子」という、女子顔負けのスキンケアをする男子も出てきているようです。

■参考
>かわいい男子が巷で話題!かわいい仕草ランキングとジェンダーレス男子!
>ジェンダーレス男子があさチャンで特集!特徴と実態に迫る。

が、そこまでいかなくとも、普通のおしゃれな男性でもスキンケアや日焼け止めを気にする男性たちが増えてきています。


男性の洗顔は普通になりつつある時代


少し前まで男性は洗顔しないのが普通でしたが、最近では男性の洗顔も基本となりつつあります。10代・20代ではメンズスキンケアという言葉はすでに一般化してきています。
男性用スキンケアブランドも次々に生まれてきています。

スクリーンショット 2016-03-17 10.46.24.png


良肌研究室
2015年11月から登場した「良肌研究室(りょうきけんきゅうしつ)」。
良い肌の研究室の意味のブランド名「良肌研究室」から、「オールインワンジェル」と「フェイスウォッシュ」が出ています。

・フェイスウォッシュ(120ml)950円
・オールインワンジェル(120ml)1,080円

ブラシナ 良肌研究室 泡匠のフェイスウォッシュ 120ML

価格:950円
(2016/3/17 10:39時点)





30代以上へ向けた男性用スキンケアブランド


良肌研究室は、30代以上の男性へ向けたスキンケアブランドです。
男性用のスキンケア商品といえば、これまでは中学生向けか中高年向けかの二択が多かったメンズスキンケア。

しかし、30代という「おじさん」ともいえないが「青年」にも疑問が出てくる、微妙な年齢へ向けた専門のブランドです。

30代にもなると、加齢臭などの年齢臭にも悩む年代。汚れをしっかり落として潤いを補給する意味の、もっとも基礎的なアイテム2つ。

ドラッグストアやスーパーなどに売っています。


成分にもこだわり
女性用のスキンケアでは主流になりつつある無添加。
良肌研究室のフェイスウォッシュとオールインワンジェルは、成分にこだわって作られています。
アルコール・鉱物油・パラベン・着色料・香料、これらを使わずに作られています。

着眼点はこの4つです。

男性肌の4大トラブルを制覇せよ!
男性肌の4大トラブルに対して、良肌研究室に使われている対策成分はこのようになっています。

1,乾燥・テカり
ヒアルロン酸×プロテオグリカンIPC

2,皮脂のニオイ
カキタンニン×ダイズ種子エキス

3,シワ・たるみ
キュアベリー×リンゴ果実培養細胞エキス

4,しみ・黒ずみ
プラセンタエキスK×AA2G(ビタミンC誘導体)


良肌研究室はこれら男性の悩みを解決できるように研究されて作られたスキンケアということです。

フェイスウォッシュのあとはオールインワンジェルで保湿ケア。
女性のように、化粧水や乳液などいくつもつけるのは面倒な忙しい男性のために、洗顔後の肌を1本でケアできるオールインワンジェルとなっています。


男性のスキンケアに対する口コミ・乾燥


雑誌では「デキる男の身だしなみ」のような特集もされていますが、実際はどうなのでしょうか。
ツイッターでは、このような男性スキンケアに対してこのような声も見られます。

・いまや男性もスキンケアする時代
・オトコなのに何かつけるとか、気持ち悪い
・最低限のケアはしておきたい
・しなきゃ…と思うけどめんどい
・何をしたらいいのか分からない
・ぶっちゃけ、化粧しまくりの女子の肌はきたない
・ニキビはどうにかしたい


賛否両論、いろいろありますね。
個人的には各人の自由だと思いますが、清潔感は欠かせないですよね。

>>良肌研究室の詳細を見てみる
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ