2015年11月13日、NY発の本格ハンバーガーショップ「Shake Shack(シェイク シャック)」が東京は明治神宮外苑内にオープンしました。

オープン初日には行列ができたようですが、実際はどうなのか、気になるので調べてみました。





NY発祥の本格派
最初は、NYのマディソン・スクエア・パークでホットドッグ店として出発したシェイク シャック。今では、本格派のハンバーガーとして有名です。



メインメニューは、牛肉100%のハンバーガー「シャックバーガー」。
シングルサイズは735円、ダブルサイズは1059円と少々お高めですが、ホルモン剤不使用のオーストラリア産の牛肉100%というこだわりバーガーです。



一般人がスマホで取った画像なので、大きさなどもリアルで分かりやすいですね。
自慢のパテは厚めです。

シェイクシャックのスタートであるホットドッグも要チェックです。

コンクリートと呼ばれる日本限定メニューのアイスクリームもおしゃれ。




テラス席では、ワンちゃんと一緒にランチを楽しむこともできます。犬と一緒に行ける飲食店というのは珍しいです。
1本200円の犬用ビスケットなんてのもあるんですよ。

東京オリンピックの2020年までに、10店舗出店計画もあるそうなので、東京だけでなく大阪や名古屋にも来るかもしれないですね。

テレビなどでの放送も出てきそうな注目のお店です。
 
Shake Shack シェイク シャック
・東京都港区北青山2-1-15
・11:00〜22:00
・03-6455-5409

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ