マツコ・デラックスが人生で初めて東京ディズニーシーへ行く「10月1日「マツコの夜の巷を徘徊する3時間SP」。
 
いつもは深夜放送ということで、BGMやテロップが入らないところが臨場感がありましたが、それ以上に、マツコの「ミミッキー先生」との呼び名がキテいます。

タワーオブテラー(タワテラ)の貴重ショットも交えつつ、簡単にまとめていきます。






タワーオブテラーのシートベルトは二人がかり!
タワーオブテラー(タワテラ)にのる時、一人ではシートベルトが閉まらず二人がかりでやっと乗れるという状況でした。その決定的瞬間をとらえた写真がこちらです。

正直、タワーオブテラーに乗れたことに驚きです。次回は、ぜひタートルトークにも乗って欲しいですね。


ミッキー先生との命名に反響大!
初めての東京ディズニーシーということで、ミッキーに会ったことのないマツコ・デラックス。

ミッキーのことを「ミッキー先生」と読んで尊敬していました。ミッキーと呼び捨てはいけないとまで言われていました。

「ミッキー先生は私を優しくしてくれる」との名言?まで。マツコとミッキー先生、なかなか可愛いツーショットです。

「ミッキー先生」の反響強し!






※ちなみに、グーフィーは呼び捨てです。
ミッキーのことは「ミッキー先生」と敬意を込めて読んでいるマツコですが、グーフィーの扱いはなかなか適当でした。
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ