9月26日のサタデープラスでは「名医が実践する健康法ベスト5」と題して、日々実践できる方法が紹介されていました。

「名医が実践する健康法ベスト5」と「心筋梗塞・狭心症になりやすいタイプチェック」のポイントを分かりやすくまとめていきます。

健康法ベスト1位になった、日本医学会会長の「健康には腹八分が大事」の言葉は深いです。健康は日々の積み重ねということですね。






今日の丸ちゃん
ホットヨーグルトを食べるまるちゃんや「サワコの朝にお願いします」という、よく分からない日本語をいじられる丸ちゃん、とてもかわいらしかったですね。グリーンのネクタイも決まっています。
2015-09-26 10.14.50.png


名医が実践する健康法ベスト5のポイントまとめ
第5位から順番にまとめていきます。

水塩スプレー/木下ドクター
・食塩を溶かしたお湯覚まし、調味料スプレーに入れます。
・塩分を抑えて、胃がんの予防

ブロッコリーを食べよう/浅田ドクター
ブロッコリーはビタミン豊富、抗酸化作用によって認知症予防となります。レンジでチンするほうが、ビタミンは壊れないんだとか。
 
ペットボトルで首冷やしで新陳代謝アップ!/日比野ドクター
美人女医としてテレビで人気の日比野ドクターが紹介したのはペットボトルを使う健康法は、お風呂後に、凍らせたペットボトルで首を冷やすというもの。褐色脂肪細胞に働きかけます。
それにしても、46歳には見えない若さです。
 
血圧測定を毎日の習慣に/氏家ドクター
血圧チェックを習慣にすることで、心臓病予防になります。ストレスがあると血圧が上がるので、目安になるということですね。

データ転送できるオムロンの血圧計を使ってましたね。
最近は、体温計のデータ転送もあるので、毎日の健康管理に使えそうです。

自ら半世紀続けてきた健康法/高久ドクター
日本医学会会長の高久ドクターが日々実践している3つのポイントです。
1,腹八分目
2,万歩計を使って毎日あるく
3,野菜・豆・魚を中心とした食事


名医はヨーグルトを食べていた!?
さらに、この日登場していた名医は、毎日ヨーグルトを食べていたということも放送されていました。

ホットヨーグルトもマル!
飲むヨーグルトを温めてホットヨーグルトにするのも、これからの季節に良さそうです。
ホットヨーグルトは、かなり前のサタデープラスでも紹介されていました。便秘解消にも良いので、最近は取り上げている雑誌も多いですよね。ホワイトオムレツも気になります。


心筋梗塞・狭心症になりやすいタイプチェック
9月26日のサタデープラスで紹介されていた「心筋梗塞・狭心症になりやすいタイプチェック」の項目です。
当てはまる内容が多いほど、危険度が高いということです。

・行列は一人でも少ないところに並ぶ
・ひそかに偉くなりたいと思っている
・几帳面なタイプだ
・徹底的にやらないと気がすまない
・いつも時間に追われている気がする
・心のなかでムカつくことが多い


ゲスト
阿川佐和子さん、榊原郁恵さん
 
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ