9月20日の健康カプセル!ゲンキの時間は、「血液サラサラだけじゃない!体のご馳走!青魚パワー」特集でしたね。

「目黒のさんま祭り」の炭火焼きもかなりおいしそうでした。今年で39回目ということなので、今年行きそびれた人は来年に期待です。





自然のサプリメント・青魚で血液サラサラに!
青魚には、血液をサラサラにしてくれるDHA,EPAがたっぷりと入っています。血管年齢の若さを保つには、青魚がカギとなりそうです。
ここで、DHAとEPAの効果を簡単に一言でおさらいしておきましょう。

◎DHA/認知症予防
◎EPA/血液サラサラ


GLP-1で血糖値上昇を防止
サバなどの青魚に含まれるDHA,EPAは、血糖値の急激な上昇を防げるGLP-1の分泌を助けます。DHA,EPAは、魚の脂にある不飽和脂肪酸に含まれているということでしたね。

血糖値の急激な上昇は、カラダに負担がかかり老化にもなります。
さらに、急激に上がったあとには急激に下がります。ここで空腹感を感じてしまうのです。空腹感はダイエットの敵!これを見方につければ良いのです。


サバ缶ピリ辛豆乳汁のレシピ
DHA,EPA豊富なサバ缶と、食物繊維が多くふくまれるキムチ・長芋・しめじを使った、ダイエットに適したレシピです。

<サバ缶ピリ辛豆乳汁のレシピ>

■材料(二人分)
・サバ水煮 缶1缶
・キムチ 50g
・長芋 120g(角切り,すりおろし)
・しめじ 50g
・水 200cc
・無調整豆乳200cc
・万能ねぎ20g
・ごま油 適量

■作り方
1,ごま油で長芋・しめじ・キムチを炒めます。
2,具材に火が通ったら、豆乳と水を入れ沸騰させます。
3,さば缶を汁ごと入れ、煮込みます。
4,サバに火が通ったら、すりおろした長芋を入れます。
5,とろみがついたら火をとめます。
6,器に盛り、万能ねぎを散らして出来上がりです。



青魚について、知っておきたい基本情報
サバ、さんま、あじ、イワシ、かつお、まぐろ
これらは全て青魚です。マグロなんて一見赤いですが、外見が青ければ青魚なのです。これ、ちょっと驚きですね。

おいしいサンマの見分け方3つ
◎目が赤くなっていない
◎くちばしが黄色い
◎背中が盛り上がっている

皮と身を一緒に食べるのがマル!
オススメのさんまの食べ方は、皮と身を一緒に食べることです。そうすることで、脂をしっかりと食べることがデキるのです。脂は皮の下にひそんでいるのです。
…と、宮城大学の西川先生がおっしゃっていました。

青魚のオススメの摂り方
・疲れが溜まっている人はマグロ
・貧血ならサバ
・肝機能改善ならアジ
・ダイエットならサバ


本格海鮮料理が美味しい!紹介されたお店はココ
本格的な海鮮料理のお店、漁港の近くにあるので、新鮮な漁師料理を振る舞ってくれます。

ばんや日本料理館
千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
0470501226


健康カプセルゲンキの時間 9/20の出演者
三宅裕司/渡辺満里奈/英玲奈/レッド吉田

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ