9/14「主治医が見つかる診療所(テレビ東京)」のテーマは、早期なら90%助かる!がん超早期発見法でしたね。
 
何はともあれ、定期検診!
若くてもガンの可能性はあるから、毎年定期的に検査をして早期発見しようということが大きなポイントだと番組で紹介されていました。

フリーアナウンサーの原元が内視鏡検査をせずに血が出た話や、献血で早期発見した、がんになったお医者さん
胃を切断したりと実際にがんになった人の声はリアルです。





最新がん健診はこの4つ!
主治医が見つかる診療所9月14日のテーマにあるように、森山先生は、早期ならガンは恐れることはない、というような事を言われていたのは嬉しいものです。
主治医が見つかる診療所で最新のがん健診として特集されたのは、この4つです。

・唾液健診
・便潜血検査
・尿健診
・PET-CT

  
唾液でがん検診
大腸内視鏡検査などは、これまでにも使用されていましたが、最新のがん健診として紹介されていたのが、唾液によるがん健診です。冷えた容器にストローを使って唾液を入れる簡単な検査です。
  
唾液には、500もの物質があるなんて、驚きです。
今はまだ実用化されていませんが、5-6年先にはだ液でかん健診ができるようになる予定ということでした。


便潜血検査
毎年2-3回すれば、2-3年で早期発見という方法。
確実性はないが、簡単な方法です。


PET-CT
四谷メディカルキューブで受けることができる、最新のがん健診。
問診票記入、6時間前までの食事、体重と身長検査、検査薬注射、1時間個室で安静、撮影20分後、20分個室で安静という、長い流れになります。14日後に結果が分かります。

最新技術だけに11万円!高いですが、徹底したい場合は、という感じですね。

■四谷メディカルキューブ
東京都千代田区Nibancho7−7
03-3261-0401
 

尿でがん健診
これは面白かったですね。
線虫ががんのニオイを識別するという話です。がんの人の尿には、好んで集まってくるとか。がん探知犬なんてのも、犬が優れた嗅覚を持っていることの証明でもありますね。
  
 
その他、一言まとめ
・女性は大腸がんの死亡率が高い、便秘にも注意
・男性は肺がんの死亡率が高いが、大腸がんが一番多い。
・胃がん検査は「バリウム」が有名だが、ピロリ菌の存在も関係している
・胃がんは胃X線検査
・大腸は便潜血検査
 
ゲスト
・沢田亜矢子
・東貴博
・蟹江一平
・柴田理恵
・森尾由美
・蟹江一平

 
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ