駆け込みドクターの9/13付内容、胃と食道について、ちょっとびっくりする情報が紹介されていましたね。おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎が今回も出演されていました。成宮くんは相変わらずのイケメンです。
   
番組の内容がシリアスだっただけに、カスカス体操には癒やされますね。それでは早速、胸やけや胃もたれに効果的なこと、まとめていきます。





カスカス体操のDVD紹介
春日のカスカス体操から、まずは紹介です。

ストレッチからのツボ刺激、そしてジャンプと、全身運動ができるようです。
蓮佛さんがカスカス体操のDVD持っていましたんえ。売れるのでしょうか…。
 
 
逆流性食道炎
パックンマックンが胃の検査をされていましたね。
パックンはは食道裂孔、そしてまっくんは食道と胃の境目に良性ポリープ(5mm)、そして重度の逆流性食道炎とびっくりの結果です。

逆流性食道炎の一番はっきりとした兆候は「胸やけ」、診断には内視鏡検査を使って検査します。
 
対策としては、チョコレートや脂肪分の多いもの、チョコなどの甘いものを抑えたり、タバコやアルコールなどの刺激物を控えることです。刺激が強いと、逆流しやすくなるからです。
腹圧をあげるためのカラダの運動も大事ですね。

 
胃に優しい寝方
駆け込みドクターで紹介されていたことにもありますが、食後1-2時間は横にならないことが良いです。寝る直前の食事は、やはり避けるほうが良いです。

・上体を高め
・横向きなら右を下に
・うつぶせはNG

夕食も油っこいものを避けて、腹八分目にするのがポイントです。
放散胃については、別ページで書いていきます。

 
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ